"海外生活が長いオーナーさんの話は、実に刺激的だった。ここから先はいつか役立つかもしれないので、自分用メモ。
・タイのプーケットは日本の物価の4分の1くらい。月2万円以下で、お手伝いさん付きのコンドミニアムに暮らせる。
・ネット回線はADSL。ただしプロバイダの関係で時々回線がダウンするらしい。携帯は3Gが最近始まった。
・プーケットは600人くらいの日本人が暮らす。10月から3月のベストシーズンには日本人の数が倍近くになる。
・心配な医療費は6ヵ月までなら旅行保険が適用できるので、半年ごとに一時帰国するならこれで問題ない。
・日本との往復はLCCのエアアジアで羽田-クアラルンプール(KL)間が1万円。KLからプーケットも数千円。
・マレーシアはタイよりは物価が高く、日本の3分の1くらい。クアラルンプールは東京並みの大都会。日本人も多い。
・シンガポールの大学へ進学できるのは超エリート。タイの大学も授業はオール英語で行われ、世界で活躍する人材を多く輩出している。
などなど…。遠く感じていた東南アジアが一気に近くなった感じ。特にクアラルンプールへ1万円で行けるというのは驚いた。新潟東京間と変わらないじゃないか。"

シェアハウスという生き方 :: 新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす (via geekhouse)

"春先に北海道から近畿地方に家族で引っ越して来たんだけど
台風に慣れてなくて、避難場所に行くのに手間どっていたら
庭先に鹿が一頭迷いこんで来た…
北海道のエゾシカは結構凶暴なので 家族みんなで(*゚Д゚)))))ヒィィィィィィ!!となったんだけど
何と窓越しに家の犬(ボーダーコリー)とコンタクトをとり始めた…
犬は家族に鼻を鳴らしながら何かを訴えてきた。
母が「もしかして鹿も避難して来たんじゃない?」と言い出し
さつまいもを棒状に切り窓からそっと出すと 後ろからさらに鹿が2頭現れて
そのうちの一頭の背中には猫がしがみついていた。。
結局、さつまいもをあげている間に水が引いて避難はしなかったんだけど
鹿が帰る時に猫を置いて行ったので なぜか猫を飼う事になった。
違う動物同士でも緊急時には 助け合いをする事が本当に衝撃だったし
鹿の頭を撫でる事が出来たのも衝撃的だった…おとなしくて可愛いかった。"

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 119度目 (via 46187)

"「これから何か始めようかと考えている段階では、それは純粋に空想であり、フィクションだ。『そんなこと実現するわけがない』と思うかもしれない。でもとにかくそれを実行に移してごらん。『もしかしたら世界はこんなふうになるかもしれない』から『世界はきっとこんなふうになる』に変わる。そしていま、実際に世界はこんなふうになっている。それが世界を変えるということだよ」"

建築家ビャルケ・インゲルスが描く「未来都市」のつくりかた « WIRED.jp (via kotoripiyopiyo)

"

一時的な嗜好として「甘い食べものは別腹」と言われます。お腹がいっぱいになっても、デザートはまだ食べられるといったことですが、これについてはいかがですか?

八十島 私の恩師である畿央大学の山本隆先生がこのテーマについて解明なさっています。

 甘い食べものは、摂食行動を促すオレキシンという脳内物質を分泌させやすいといいます。オレキシンが脳内で分泌されると、胃が弛緩することで、胃の一部に空間ができることが報告されています。まさに“別腹”のようなものでしょう。

 さらに、おいしい甘い食べものは、より早く胃から腸へと送られることが示されているので、胃がより多くの食べものを受け入れられるようになるとも考えられています。

 胃に長い時間、食べものが滞留していると満腹感をつくり出す情報が脳へと送られますが、胃から食べものが素早く排出されれば、満腹感が抑えられ、結果的にさらに食べられるようにもなります。

"

「ピーマン嫌いはそのままで」のススメ|食の安全|JBpress (via pinball-1973)

"

「辛いものにはまる」と「ランナーズハイ」の関係

――「辛いものにはまっている」という人も多く見られます。辛さは、甘味や旨味などと違って味覚ではないと聞きます。となると、辛い食べものが好きというのは、どう説明がつくのでしょうか?

八十島 確かに、辛味は味覚ではありません。痛覚や温感などの侵害的な体性感覚刺激です。

 唐辛子などに含まれるカプサイシンの痛覚を刺激する情報に対して、脳は、いわば「痛覚が来たぞ」と感知して、痛覚を抑えようとオピオイド物質という“脳内麻薬”を出すのです。「辛いものを食べ、結果としてオピオイド物質が出る」という経験を繰り返していくと、オピオイドが脳内で快の感情や気分を増やしていきます。そのため、「(オピオイド物質による)多幸感・快情動などの報酬作用を得るために、辛いものを食べたい」という状態になります。そして、辛いものを実際に食べると、報酬が得られるので、その報酬によって辛いものを食べるという行動が強化されるのです。

 こうしたことを繰り返していくと、辛いものがおいしく感じるようになる学習が起きるのだと考えられます。

 この学習のように、行動を強化して、それが生じる頻度が増えることを「強化学習」と言います。強化学習の他の例が「ランナーズハイ」です。走っていて体が苦しくなると、苦しみを緩和するための脳内麻薬が分泌され、逆に快の気分になります。その快情動を得るためにあえて走るのです。

 辛味についてもこれと同様のことが起きているわけです。辛味は痛覚であり侵害的ですので生体的にはよくないのですが、それをあえて摂るとオピオイドによる報酬作用が「また食べたくなる」という動機づけを強化し、その摂食が増えるのです。知覚の面では辛くて侵害的であっても、情動(感情)的に欲しくなってしまうのです。

"

「ピーマン嫌いはそのままで」のススメ|食の安全|JBpress (via pinball-1973)

"

1緑に変更 @taki_mizuhara

しかしテニスって試合長いよな。例えば2ゲームとか取られちゃったら逆転するにしても更にとんでもない時間かかるわけで、そりゃ一発逆転狙うならKOした方が効率的って発想になるわ。テニスの王子様はリアル。

「スポーツ漫画に無茶な必殺技が登場するのは梶原一騎や髙橋陽一が題材スポーツを知らないから」というような言説は、元テニスインストラクターの許斐剛が破壊した。

たぶん許斐剛も試合中に「テニスって試合なげーな。一発逆転ホームランで勝てねーかなー」とか思ってたんだよ。それが新テニのKO制度導入につながったんだよ。

"

ウィルソンのラケット使ってる錦織さんを置き去りにしてアホみたいに飛んでったヨネックスの株価がアホみたいに落下して“にしこり玉”発生 : 市況かぶ全力2階建 (via petapeta)

"「色んな子供がSNSで問題犯しまくってる。これはもう子供全員SNS禁止するしかない」っていうのは「悪い人間が沢山いる。つまり人間は危険だから滅ぼすしかない」っていうRPGのラスボスと同じ考え方なので「ラスボス理論」と呼ぶことにしました。"

ひーちゃんかわいすぎるぼっと/金元寿子様 on Twitter: “「色んな子供がSNSで問題犯しまくってる。これはもう子供全員SNS禁止するしかない」っていうのは「悪い人間が沢山いる。つまり人間は危険だから滅ぼすしかない」っていうRPGのラスボスと同じ考え方なので「ラスボス理論」と呼ぶことにしました。” (via gallerycraft2)